九州クルーズ振興協議会
Kyushu Cruise Promotion Conference
本協議会は、九州圏の諸都市、観光地、港湾の有機的な連携を図り、一体的にクルーズ客船
誘致や観光産業の活性化を推進するとともに、効率的で効果的なクルーズ振興を図ることに
より、九州全体の地域振興に寄与することを目的としています。
[事務局]
〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2-11-1
TEL 092-472-3155 FAX 092-472-3301
九州運輸局 海事振興部内

English

トップページ協議会会員のページ 最新のイベント情報のページ寄港地のご案内のページ国内外航路・遊覧のご案内クルーズ関連データのページ

englishi page

・クルーズの歴史と語源
・90%の方が満足!
・クルーズ5大質問

乗船したら、そこが目的地。
船へ行く、そして船で行く。
クルーズ客船が航空機や列車、バスと違うのはそこが快適な滞在空間であること、言わば『洋上のリゾート』、キャビンで旅具をほどいたら、下船するまで手ぶらの休日が楽しめます。
クルーズで健康になれる。
人間性回帰のウェルネス空間。
クルーズには「健康増進効果がある」という医師の言葉もあるほど、澄み切ったおいしい空気や360°障害物なしの大空間、夜には満天の星、客船は日常から解放される桃源郷なのかもしれません。
寄港地観光で魅力倍増。
目覚めてみれば次の寄港地。
エコノミークラス症候群とは無縁、疲れを知らないままプラスαの楽しみである寄港地へ到着です。氷河地帯、ジャングル、孤島などの大自然の真っただ中でも快適な旅が楽しめます。
人生のハレ舞台。
人生の節目には船に乗る。
ハネムーン、誕生日、リタイア、銀婚・金婚、事前に連絡しておけば、クルーやキャプテンからお祝いなどが届いて感激、感動シーンが味わえます。クルーズは、お客様ひとりひとりが主人公なのです。
九州クルーズイベントを楽しむ。
クルーズ文化を気軽に堪能。
クルーズセミナー、船内見学会、シンポジウムなど、クルーズ旅行に行かなくても多彩なイベントで地域を盛り上げています。機会があれば、最寄りの寄港地へお出かけしてはいかがでしょうか。
進化しつづけるクルーズ。
乗客個々の嗜好を尊重
ますます大型化する客船、洋上のアミューズメントパークを追求しながら、他の輸送機関に真似のできないサービスが可能です。商船各社では、質の高いサービスを競いあっています。
多彩なクルーズのカタチ。
様々なライフステージで楽しめる。
ひとことにクルーズと言っても様々なスタイルがあります。100日以上かけた『世界一周』などのロングクルーズから湾内を周遊しながらのランチやディナーを楽しむショートクルーズ、また、港から港への定期航路も、船内には観光に対応した施設を備えているものが少なくないことから、これもクルーズといえます。
古くて新しい、そして他では味わえない独自の旅、"クルーズ旅行"を体験しませんか。